ナイトブラ

ユニクロブラトップはきつい?ゴムを切って改造しなくてよい方法を紹介

最新ユニクロブラトップはきつい?ゴムを切らないでOK!改造いらずのブラトップを紹介.

最新のユニクロブラトップはきつくないです。昔のユニクロブラトップのように、アンダー部分のゴムを切らないときつい!なんてこともありません。改造しなくても快適に着ることが可能です。

本記事では10年前のきついユニクロブラトップと最新のユニクロのブラトップ比べて、なぜ最新のユニクロブラトップがきつくないのかを紹介していきます。

ユニクロブラトップはゴムを切るのか(改造が必要なのか)という理由も紹介していくので、ユニクロブラトップの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

きついユニクロブラトップときつくないブラトップまとめ

ユニクロには着たらきついと感じるブラトップと、着てもきつくないブラトップがあります。

着たらきついと感じるブラトップは購入して長い年月が経ち、アンダーゴムがきつくなっているブラトップです。こちらはアンダーゴムが縮んでしまい、ゴム部分を切って改造する方がいます。

きついと感じるユニクロのブラトップ

一方、着てもきつくないブラトップは、購入したばかりの最新ブラトップです。こちらはアンダーゴムも締まりすぎておらず、きつくありません。

着てもきつくないユニクロのブラトップ

さらにブラトップシリーズの最新作である、ボディシェイパーシームレスブラタンクトップもアンダーゴムがそもそも付いていないのできつくないです。

ここまでをまとめると、以下の通りになります。

項目価格改造
(ゴム切り)
種類
最新のブラトップ1,990円必要なしエアリズム
ヒートテック
アンダーゴムなし
ブラトップ
1,990円必要なしエアリズムのみ
経年劣化した
旧ブラトップ
1,990円必要ありエアリズム
ヒートテック

今、販売しているユニクロブラトップを買ってつけた場合、サイズ選びを間違えなければ、きついと思う事はなかなかないでしょう。

なぜユニクロブラトップはゴムを切るのか

ユニクロブラトップは、なぜゴムを切らなければならないのでしょうか。それはアンダー部分にあるゴムがきついから。

ユニクロブラトップをめくってみるとわかりますが、パット部分の下に体を取り巻くようにゴム部分があります。

ユニクロブラトップの裏にあるゴム部分

この部分が体を締め付けるようになってしまい、きついと感じる人が少なくないのです。

アンダーゴム部分が作用してきついのなら、その部分を切ってしまおうという考えですね。

ちなみにSNSで実際にユニクロブラトップのアンダー部分のゴムを切った人を探してみると、少数ながら見つかりました。

アンダーゴムの切り方や切った後の効果などは様々なブログで紹介されていますが、こちらの方はゴムを切ることに成功して「らくちん」になったようです。

しかし「自分で改造しなければ使えない」というのは嫌ですよね。販売されている商品の状態で機能してほしいものです。

ただ、ユニクロブラトップは、本当にアンダー部分のゴムがきついのでしょうか?

買ったばかりのユニクロブラトップはきつくない

実は買ったばかりのユニクロブラトップは、アンダーゴムの部分もきつくありません。

アンダーゴムが付いているユニクロブラトップは、きついので切らなければならないと思っている方がいるかもしれませんが、買ったばかりのユニクロブラトップなら大丈夫です。(もちろん個人差はあると思います)

実際にユニクロブラトップを購入した人の声を調べてみると、ユニクロブラトップのアンダーゴムを切っていないのに快適だ、という声は多いです。

ではなぜ「ユニクロブラトップがきつい」という声が少なからず存在するのか。それは何度も使って経年劣化したブラトップを使っているからではないでしょうか。

実はブラトップは何度も洗っていると、ゴムが縮んできてきつくなってきます。

新品のブラトップと10年使ったブラトップを用意してみました。こちらは新品のブラトップです。

新品のブラトップ

そしてこちらが10年間使い続けてきたブラトップです。

10年間使い続けてきたブラトップ

早速両者のアンダーゴム部分を比べてみます。左が10年使ったブラトップ、右が買ったばかりのブラトップです。パット下のゴム部分に注目してみてください。

10年使ったブラトップと買ったばかりのブラトップのゴム部分

ぱっと見ただけで、10年使い続けてきたブラトップがいかに縮んでいるのか、お分かりいただけるのではないでしょうか。

さらに裏面を見てみると…

10年使ったユニクロブラトップと新品のブラトップのゴム比較

10年前のブラトップは裏側にもゴムがありますが、最近のブラトップには裏側にゴムはありません。前面しかアンダーゴムがないため、締まりつけ具合もほどよく、きつくなりすぎないようになっています。

このような違いがあるため、最新のブラトップだと「アンダーゴムがきつい」と思う確率がかなり減っているのです。

「ブラトップがきついのでアンダーゴム部分を切ってみた」というブログを読んでみるとわかりますが、ほとんどの方は「古いブラトップがきつくなってきたので切った」という内容です。

つまり、買ったばかりのブラトップを切ったというわけでは無く、何度も洗ってゴムが縮んできた「古いデザインのブラトップ」がきついと感じているわけです。

緩んでいるユニクロブラトップのゴム

近づいてみるとわかりますが、10年も使うとめちゃくちゃゴムは縮んでます。これがぐるりと1周しているわけですから、きついと思うのも仕方ありません。

最新のブラトップなら、サイズ選びさえ間違わなければ「きつい」というのは考えにくいです。売り場にブラトップのサイズ表は掲示されています。

ユニクロブラトップのサイズ表

こちらをよく見て自分のサイズに合ったブラトップを購入するようにしましょう。そうすれば、きついこともないはずです。

ちなみにユニクロブラトップは一定期間を過ぎると、1,990円から990円まで下がります。

ディスカウントされたユニクロブラトップ

最近のユニクロブラトップが本当にきつくないのか怪しいと思う人は、ディスカウントされているときに購入してみてはどうでしょうか。

きつくないユニクロブラトップが販売中

実は「きつくないユニクロブラトップ」も発売されています。その名も、ボディシェイパーシームレスブラトップ。

着たときに「きつい」と思う原因である、アンダーゴムが排除されたユニクロブラトップです。

ボディシェイパーシームレスブラトップ

ユニクロに行って「きつくないユニクロブラトップはないですか?」と聞いたところ、案内されたのがボディーシェイパーシームレスブラトップでした。

ユニクロ売り場のボディシェイパーシームレスブラトップ

このような感じで売り場は展開されています。通常のユニクロブラトップとは別の場所に展開されている可能性があるので、注意してください。

ものは試しと早速購入。見た目はいつものユニクロブラトップと同じですが、ブラ部分を見てみるとその違いがすぐにわかります。

このように「ボディーシェイパーシームレスブラトップ」は、アンダーゴムが一切なくてパット部分しかありません。既存のユニクロブラトップと比べると、違いがよくわかります。

アンダーゴムがないボディーシェイパーシームレスブラトップ

アンダーのゴムはついていませんが、カップも浮かずぴったりになるのが特徴。胸の位置が下がらず、シルエットが綺麗になる優れものです。

当然ながらアンダーゴムが付いていないので、全然きつくありません。

ヒートテックではなくエアリズム

ボディーシェイパーシームレスブラトップはヒートテックではなくエアリズムです。そのため、汗を吸い取ってくれて非常に着心地が良いのが特徴。秋口に買ったとしても、冬場も活躍してくれること間違いなしですよ!

「ブラトップは欲しいけどゴムを切りたくない」「しっかりと機能してほしい」と思う人は、こちらのユニクロブラトップを購入してみてはどうでしょうか。

ユニクロブラトップはきつい?まとめ

最新のユニクロブラトップはきつくありません。特に買ったばかりのブラトップがきついと思う事はほとんどないでしょう。

しかし、古いブラトップだと経年劣化によってアンダー部分のゴムが締まり、きつくなる可能性が十分に考えられます。かなりゴムは縮んでしまうので、切って改造してしまいたいと思うのも頷けます。

もしユニクロブラトップを長く使いたい、経年劣化でも縮んで欲しくないなら、アンダーゴムがないタイプのユニクロブラトップを購入してみてはどうでしょうか。

経年劣化で縮むこともないですし、アンダー部分のゴムがなくても非常に快適にサポートしてくれます。ゴムの感覚が苦手な人にもぴったりでしょう。

ユニクロのオンラインストアは現在売り切れなので、ぜひお近くのユニクロ店舗に足を運んでみてください。

みーこ
みーこ
ユニクロのブラはそもそもすぐ寄れるからちゃんと胸のケアをしたい人は、本格的なブラを検討してみてくださいね。最近は2,980円ほどで高性能なナイトブラが買えますよ♪

ナイトブラは胸の形を維持し、垂れ胸にならないための第一歩。30歳を超えたら特に胸が垂れてくるので、かたちを維持したい方は、ユニクロじゃなく、ちゃんとしたブラを使ってみてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です